現在の口コミ投稿総数(件) 1,696

MENU

脱毛オススメ記事

要チェック!

脱毛オススメ記事 脱毛前日のチェックリスト! 自己処理の準備や注意点まとめ

COLUMN脱毛前日のチェックリスト! 自己処理の準備や注意点まとめ

当てはまらない項目があったらお断り!?
脱毛前日の準備や注意点をチェックリストにまとめました。
せっかく脱毛サロンへ行ったのに1回分消化したり、キャンセル料が発生したらもったいないですよね。
ちゃんと脱毛する準備ができているか前日にチェックしてみてください!


1.自己処理を済ませている

自己処理したくないから脱毛サロンに通うのに、なんでしなきゃいけないの~?
…なんて文句も言いたくなりますが、それにはちゃんとした理由があります。

光脱毛はメラニン色素(黒い部分)に反応して脱毛する仕組みです。
しかし毛が伸びているとメラニン色素が強すぎて焼け焦げる可能性があります。

火傷に繋がらなかったとしても本来ダメージを与えたい毛根に熱が届かず、脱毛の効果を満足に得られません。
脱毛の効果を高めたり、怪我を防いだりするためにも、脱毛前の自己処理はとても大事なのです。

脱毛サロンによっては2~3日前に自己処理を勧めることもあります。
それは毛が薄いと逆にメラニン色素に反応しないからです。
「0.5~2mm」残しておくのがベストなので、毛の生えるスピードに合わせて自己処理することをおすすめします。

またシェービングをしてくれる脱毛サロンもありますが、それはあくまでも自己処理では届かない部位や剃り残し程度です。
一切自己処理をしていない状態だと施術を断られてしまうので注意しましょう!

自己処理で毛抜きはNG!

毛抜きやワックス脱毛など、毛根から毛を「抜く」処理はNGです。

上記にも書きましたが、光脱毛はメラニン色素に反応する仕組みのため、毛穴に毛がない(=黒い部分がない)状態だと効果が出ません。
また毛穴が炎症して色素沈着などの肌トラブルを招く可能性もあります。

毛を「剃る」処理なら問題ありませんが、カミソリは皮膚や角質層を傷付けてしまうのでシェーバーがおすすめです。


2.ボディクリームで保湿ケアをしている

脱毛は肌の水分量が高いほど熱を吸収して効果が上がります。
さらに乾燥を防ぐことで痛みが軽減されたり、自己処理による肌トラブルを改善したりとメリットがたくさん!

あまりにも肌が乾燥していると施術をお断りされる場合も。
前日のケアはもちろんですが、日常的にボディクリームで保湿しておくと水分量が上がりやすくなります。

特に脱毛時に強い痛みを感じる人は保湿を怠らないようにしましょう。
しかし脱毛の直前にボディクリームなどを塗ってしまうと、成分が邪魔をして効果が弱くなってしまうので注意が必要です。


3.12時間以内に飲酒をしていない

アルコールを飲むと血流が良くなって体温も上がりますよね。
体温が上がると皮膚が敏感になるので、ほんの少しの刺激でも痛みや肌トラブルに繋がるのです。

またお酒を飲むと「トイレが近くなる」と感じたことはありませんか?
アルコールには利尿作用があるため、体中の水分を奪ってしまいます。
そうなると肌の乾燥が進み、痛みだけでなく脱毛効果も下がるという悪循環に陥ります。

二日酔いで体調不良になると自分も辛いし、脱毛サロン側に迷惑が掛かるかもしれませんよね。
最低でも脱毛前後の12時間は飲酒しないようにしてください。


4.服薬や予防接種をしていない

薬の種類によっては肌荒れや火傷など副作用が生じるものもあります。
さらに取り返しのつかない健康被害が出ることも考えられるので、薬を飲んだときは必ず脱毛サロンのスタッフに相談してください。

処方箋だけでなく風邪薬・花粉症薬・鎮痛剤・ピルなど、身近な薬でも自己判断で飲むのは危険です。
体調が悪いときは脱毛に適した状態ではないので、無理せずキャンセルしましょう。

ちなみに上記と同じ理由で1週間以内に予防接種を受けた場合も脱毛できません。


5.生理が来ていない、来る予定もない

生理が来ている(または来そう)な場合は早めにキャンセルを入れましょう。
大半の脱毛サロンはVIO以外であれば施術可能ですが、生理中は全身の脱毛を禁止している脱毛サロンもあります。

VIO以外は施術できたとしても、振替制度がない脱毛サロンだと1回分が無駄になります。
それならキャンセルして別日にVIOも含めて施術してもらった方がお得ですよね。

また生理中は肌がデリケートになっているため、通常よりも痛みや負担が大きいです。
安全性も考えて生理中の施術はできるだけ控えたいですね。

また脱毛をするなら生理後1週間の「卵胞期」という時期がおすすめ。
卵胞期は肌の水分量が上がりやすいため、熱が吸収して脱毛効果も出やすいです。
脱毛の効果を上げるなら、生理周期を意識することも大事です。


6.日焼けをしていない

カウンセリングでも「日焼けに気を付けてください」と注意を受けるのは、それだけリスクが高いからです。

メラニン色素に反応する光脱毛は日焼けした黒い肌にも熱が反応します。
そうなると火傷やケガを負うリスクが上がるだけでなく、熱が分散されて効果が半減してしまいます。

脱毛前日というよりは日常的に気を付けないといけないことですが、脱毛期間中は日焼け止めクリームなどを塗って対策しましょう。

もしも酷く日焼けしている場合は早めにキャンセルを入れて、色が戻ってきたら脱毛を再開するようにしてください。


全て当てはまりましたか?

  • 自己処理を済ませている
  • ボディクリームで保湿ケアをしている
  • 12時間以内に飲酒をしていない
  • 服薬や予防接種をしていない
  • 生理が来ていない、来る予定もない
  • 日焼けをしていない

脱毛前日に確認しておきたいチェックリストはこちらです!

脱毛は肌に大きな影響を与えます。
そのため少し慎重になるくらいの方が安全に施術を受けることができます。

せっかく予約を取ったのに自分の不注意で1回分消化したり、キャンセル料を取られたらもったいないですよね。

この中で1つでもクリアしていない場合は必ずキャンセルを入れるか、脱毛サロンのスタッフに相談しましょう!

  • ライン
ページトップへ